お正月にはおせち料理を

日本国内では正月になったのであればさまざまなイベントが目白押しです。

初詣(境内でふるまわれる甘酒などをいただくと、厄除けになるんだとか)、初売り(そのお店によって日にちが違うものです)、お年玉など、みんなにとって嬉しい行事が多いですね。



また、正月ならではの食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)として、おせち料理がありますね。

地方によって使われる食材は異なるのではないでしょうかが、数の子や黒豆、海老などはかずあるおせち料理に見られます。





おせち料理といえば、重箱に詰められているものを想像するのではないかと思います。

黒や赤の重箱(漆器だとどうしても高額で手入れが難しくなりますね)は、いくらも高級そうな印象があるそうです。



おせち料理が重箱(花見弁当やうな重などにも使われます)に詰められているのは、「めでたさを重ねる」という縁起をかついでいらっしゃるかもしれませんね。

少し前まではおせち料理といえば和食が殆どでしたが、近年では洋風のものや中華などもあり、ますます多様化しているのです。

和食をあまり好まないお子さんもいますから、色んな種類があるのは嬉しいですね。





家で作るのも当然ですがよいのですが、せっかくの正月はママ方も休みたいと思うのは当然になっているでしょう。

そういった事もあって、おせち料理を買う家庭も増えてきているかもしれませんね。



インターネットを利用して高級料亭(日本料理を提供する高級な飲食店をいいます)のおせちを味わう事ができてサービスも、近年は人気(芸能界などは水物なんていいますよね。一時はそれなりにあっても、いずれなくなっていくことが多いでしょう)がでてきています。



値段は1万円以上するものが多く、高いものでは3万円以上するものもあるそうです。

中には安いものもあるでしょうが、あまり安さだけにこだわるとトラブルに遭う事もあるそうです。

実際、そういうことがニュースにもとりあげられていましたね。

http://bdl-track.spmax.jp/click/click.php?id=a66283f7de7cb3de7c00fb9067bca464p

やはり購入する場合は、実績があるところを選択するのが無難です。

購入する際は、予約が必要なので注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)してください。

また、早い時期に予約をやると割りびきされるお店もあるので、その辺りもチェックしておくといいですね。

おしゃれなキッチンにはhowaro
腰痛の原因と腰痛治療法を考える
美肌の基本
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。